ぽ~のいちぞく☆ふう



みなさまごきげんいかがですか?
ふうでございます!


宝塚歌劇団・花組公演「ポーの一族」観劇してきましたぞ~~!!


こちら、きっと、ご存知の方もいらっしゃるかと思うのですが
萩尾望都先生原作の少女漫画、「ポーの一族」が原作になっております!!


2018年一発目のお正月公演がまさかの「ポー」…

ちゃんと原作を読んだことはなかったのですが
なんか退廃的な雰囲気のある漫画だな~~っていう印象で
まさか宝塚で公演することになるなんて…!しかもお正月公演…!


花組トップスターの明日海りおさん(みりおちゃん)がもちろん主役のエドガー・ポーツネル!!
ふわふわの短い巻き毛に儚い美貌…

いやもう、二次元すぎでは?!?!?!?!

今回、ありがたーいことに4列目で観劇できたのですが
銀橋を渡るときみりおちゃんが間近に…!
めっちゃくちゃ!!めっちゃくちゃ!!薄い!細い!儚い!消えちゃいそう!!!!

ポーの一族をご存知ない方もいらっしゃるかと思うので
すこーし補足情報でございますが、
このタイトルでもあるポーの一族というのが、吸血鬼(バンパネラ)一族なんです。

エドガーもポーの一族であるんですが、
彼は元からバンパネラというわけではなく、後天性のバンパネラです。

バンパネラというのは、吸血行為もしますが、一族の血を絶やさない為に
優秀な人間、一族にふさわしい人間に血を分け与えて一族の仲間にするのですって。


一族の仲間になると永遠の命、つまり不老不死の身体になるのですが
そこから年をとらないということなので「せめて仲間にするのは成人(大人)になってから」
という暗黙のルールというのがあるっぽいです。
ずーーーっと子供のままだと周りから怪しまれるからですね。


しかし、エドガーちゃん、見た目、齢14歳(もっと幼く見える)
ずーーーーっと14歳!!!(もっと幼く見える)
永遠のショタ!!!!!!!!!!!!

エドガーちゃん、元々一族の一員でもなく、先ほど言ったように後天性のバンパネラのわけですが
なぜこんな儚き永遠のショタになってしまったのか?!?!
その過程もきちんと宝塚で再現されております!!!!
人間のショタエドガーちゃんおもっくそ可愛いです


とにかく明日海りお様が美しい!!!!!!!
その一言に尽きる!!!尽きてしまう!!!!

観劇後、零れる言葉は「あすみりおやばい…」



そして、このポーの一族の世界観と宝塚、めちゃくちゃ合う!!!

演劇界の巨匠・小池修一郎が
長年宝塚でやりたいっ!!!!ってダダこねてたみたいなんですが(言い方)
いや~~~ダダこねてくれてよかった!!最高!!
有難う小池修一郎!!!

楽曲もすごくポーなんですよ…
原作みたことないけど…←

せっかくだからこれを機に原作読もうと思ってます!!
めちゃくちゃハマりそうだからいやなんだよ~~~


fublog56.jpg


テーマ : 演劇
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

プロフィール

アリスアリア

Author:アリスアリア
☆メイド屋敷から発信中☆



最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク