しゅう@ネットの恐ろしさ


皆様ごきげんよう

しゅう氷室




こないだ神戸にある氷室神社へお参り行って来ました。

なぜか?そろそろ今年も終わる(考えたくない)ので残りも元気に過ごせますようにとお祈りに…

恋愛成就の神で有名らしいですが、恋愛は神に頼むよりそういう出会いの場(街コン)へ足を運んだ方が早いのではと夢のないことを思ったしゅうです←


人が争いを止めないように、ネットでも色んな争いが絶えないのをよく目にします。

知り合いに、ネットで陰湿な嫌がらせを受けている人がいるんですけど、精神的にまいってしまっていて

見ていてやるせない気持ちになっています。

嫌がらせをしている人と自分とは繋がりがないので、間に何があるのかは分かりませんが、こういう事をする人は

いつまでたっても無くならないのでしょうね。 私は話を聞いてあげる事しかできませんし、代わりにオリャーと殴りつける事が出来ればどんなに良いか。

こういう時、それ関係の知識も権利もないことを悔やみます。



とある老人の話です。電車で自分が優先席前に立っていて、座っていた妊婦さんが席を譲ろうとしてくださったそうです。

老人は、「ありがとう、でも結構ですよ、貴女が使ってください」と言いました。すると、隣にいた同い年ぐらいの老人が「なぜ席を譲ってもらわなかったのか」と問いかけたそうです。その老人は、隣の老人に、優先席とは何か、妊婦とは何かをずっとその人に語っていました。

そういう心遣いが出来る方は、女性にとってどれだけ紳士的な人か。

しかし世間には厳しい風を当てる人もいて、その出来事に、老人がこうネットに書き込みました。

(私のようなジジイはぽっちゃりさんと妊婦さんの区別がつかないから、赤ちゃんがいますマークはとても助かる)

しかしそれに対して、「世の中には赤ちゃんが産めない人もいるのでそういうのは不謹慎だ」「最近は細身の人しか入らない服が多くてぽっちゃりも苦労している、そういう発言は控えた方がいいかと」 


見当違いなコメントを残している方もいるんだなと。牛丼屋で美味しかった、とコメントすると肉アレルギーの人は食べられないのにそんな事言うなんて不謹慎だと言っているようなものですよね。これ、別のところでも言いましたけど、2ちゃんねるで言うところのスレ違い乙状態。

こういう発言も、嫌がらせ発言も「無視」すればいいだけなんですけど、それが出来る人なんていません。

少なくとも、こういう考えが出来る人や、周りを考えられる人、経営者の方、は人一倍周りを見ていますし

我々一般人が想像もできないようなところまで見ています。だからプロであり、経営者なのです。

その老人も、何かしらのプロの方でした。全員がそうではありませんが、ごく一部を除けば皆様普段から心を痛めていらっしゃるし、それを会社へ仕える者たちは、その気持ちをくみ取らなければいけないと、常日頃から思います。


今回は、ちょっと真面目な、そんな話。

テーマ : 雑記
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

プロフィール

アリスアリア

Author:アリスアリア
☆メイド屋敷から発信中☆



最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク